内科・外科・内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ検査)専門 岐阜市 細野医院

大腸:血便、下痢、便秘などの排便異常、体重減少

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

どんな症状の時に大腸カメラをすべきか

大腸がんの症状

 

 

早期のがんは症状はまずありません。

 

血便

 

便に血が混じっている状態です。
この症状は痔核と思われて放置されることがあります。痔核と診断するためには大腸がんでないことを確認する必要があります。

 

貧血

 

右側の結腸がんでは肉眼的な血便に気づかず慢性的な出血による貧血によって発見される場合もあります。

 

便秘や下痢を繰り返す

 

今まで普通の便通であったのが、便秘になったり下痢になったり、それを繰り返す。

 

便が細くなる、残便感

 

肛門に近いところでがんが発育すると、腸の内腔がせまくなった所を便が通り、細くなって出る。
また、がんが邪魔して便が出にくくなり、腸管に便が残りやすくなり残便感を生ずる。肛門近くにがんが出来ても、がん自体が残便感を起こす原因となる。

 

腹痛、嘔吐

 

がんが周囲臓器に浸潤し痛みを生じたり、がんによって便が通過できなくなり腸内に大量に貯留したり、詰まることで腸閉塞を生じると腹痛や嘔吐が生じます。

 

 

腹部腫瘤をふれる

 

がんが大きくなり、お腹から腫瘤として触れることもあります。

 

 

上記の症状の時は大腸がんによる症状であることもあり一度大腸検査をしてみるべきでしょう。

 

症状がある、ないに関わらず定期的な大腸カメラ検査をお勧めします。

 

 

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

医療法人社団 正芳会 細野医院 

〒502-0814 岐阜県岐阜市福光西3-9-13

電話058-233-6620 FAX058-233-9790