内科・外科・内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ検査)専門 岐阜市 細野医院

早めの熱中症対策

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

熱中症は、体内の水分・塩分のバランスが崩れたり、体温調節がうまくできなくなることによって起こり、重症化すると生命に危険が及ぶ場合もあります。湿度が高く、急に気温が高くなる7月は例年熱中症で救急搬送される人が多くなります。梅雨明けは特に注意が必要です。また、8月も暑い猛暑日が続くため、引き続き注意が必要です。

 

 

熱中症の症状

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

軽症:めまい、立ちくらみ、多量発汗

 

中等症:頭痛、吐き気、だるさ、体に力が入らない

 

重症:意識がもうろうとする、けいれん、体温上昇

 

熱中症は予防が大切ですが、上記の症状がみられたら直ぐに病院へ。

 

細野医院にて点滴や治療可能です。

 

 

予防方法

 

屋外では日陰を選んで歩き、日傘や帽子などで暑さを避ける。

 

こまめに休憩を取り、長時間の炎天下の作業を極力避けるようにする。

 

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

吸汗・速乾性に優れた服を選ぶ。襟元をゆるめ通気性を良くする。

 

室温が28度を超えないように扇風機やエアコンを調節する。

 

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

すだれやカーテンで直射日光を遮り室温が上がりにくくする。

 

こまめに水分補給をする。スポーツドリンクや塩飴などで塩分補給。

 

特に小児高齢者、二日酔い、体調不良の方は熱中症になりやすいので注意が必要。

 

熱中症を疑ったら

 

★風通しの良い日かげやエアコンの効いている室内に避難する。

 

★氷嚢を首や脇の下、鼠径部(大腿のつけ根)にあて体を冷やす。

 

★水分、塩分を補給する。

 

★可能な範囲で薄着になる。

 

 

どんなときに病院へ?

 

意識がない、呼びかけに対して反応がおかしい。

 

水分を自力で摂取できない。

 

上記対策で症状が改善しない。

 

上記の場合は救急隊を要請するか、お近くの病院へ。

 

細野医院は熱中症対応可能です。