内科・外科・内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ検査)専門 岐阜市 細野医院

ピロリ菌が陽性と言われた

ピロリ菌陽性と言われた!どうするか

ピロリ菌は以下の疾患の原因になりうると言われています。

 

そのため、除菌といって菌を退治する事が今後以下の疾患になるRiskを下げる有効な対策と言えます。

 

胃・十二指腸潰瘍

 

胃MALTリンパ腫

 

早期胃癌のE内視鏡治療後

 

慢性萎縮性胃炎

 

過形成性ポリープ

 

胃がん

 

 

血小板減少症 (ITP)

 

鉄欠乏性貧血

 

慢性蕁麻疹

 

動脈硬化症

 

 

機能性ディスペプシア

 

逆流性食道炎:GERD

 

学会ガイドライン2009では上記ピロリ菌感染症すべてに対して除菌治療を推奨しています。

 

 

 

一番気になる胃がんにおける危険性であるが、ピロリ菌感染者がすべて胃がんになるわけではない。
胃がんを発症するのは一部であり、報告によると感染者の約2〜3%と言われている。
よって、ピロリ菌がいれば全ての患者さんに除菌を行う事は疑問がある。
胃がん予防に対しても、除菌の利点・欠点を考慮して利点が勝る患者さんに行うべきと考える。
除菌の本来の目的は胃がん予防だけのためではなく、胃炎および胃炎による諸症状の改善のために行うべきであるため、
高齢でも胃炎による諸症状が除菌によって改善する可能性があると判断されれば、除菌を行うべきと考える。

 

まとめ:除菌は除菌の利点・欠点を考慮して利点が勝る患者さんに行うべきと考える。

 

ピロリ菌につての詳細、除菌方法、料金などは→内視鏡専門サイトへ

 

 

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

 

 

 

細野医院,内視鏡,岐阜市,内科,外科

 

 

 

医療法人社団 正芳会 細野医院 

〒502-0814 岐阜県岐阜市福光西3-9-13

電話058-233-6620 FAX058-233-9790